柚子と母。

今年84歳になる大豊の実家の母が毎年

柚子を手作業で絞ります。

母のこだわりは皮の苦みが入る直前に絞るのをやめること。

少しもったいないような気もしますが

少し水分を残して絞るのをストップしないと

おいしくないそうです( ´∀` )

35キロの小さな体はいたって元気。

何だかんだ言いながらもよく動きます。たくさんしゃべります。

 

父が亡くなる時

私自身が病を抱えていて

ちゃんと面倒を見てあげられなかった分

母は大切にしてあげたいと。。。。

特に父は肺がんをかかりつけの病院では見つけてもらえず

本人が痛みを訴え始めてようやく肺がんを発見。

そして、痛み止めの薬の副作用で

もうろうとした意識の中であっさりと旅立ちました。

塵肺という病の合併症が肺がんであることすら知らない

無知な医師を頼っていた高齢の父と母。

自分の生活に追われていてそこに気づいてあげられなかった自分。

 

あと何回この母は柚子を絞ることができるだろう?

先日の里帰りでいろいろ考えてしまいました。