高知の朝

知事選挙と高知市長選挙が終わり、いつもの高知の朝。
いつもの一週間が始まりました。
賑やかだった街もいつもの街に戻りました。。。。

濱田さんが当選しましたね。

野党の統一候補が
「点数以外に大切なものがある」と
子どもたちの学力向上に尽力した尾崎県政に異を唱えた時点で
私の気持ちは固まりました。
「これでは子供たちがかわいそうだ」と
高知の学力の低さを知った尾崎さんはおっしゃってくれて
精一杯できることをして下さりました。
わからなかったことがわかるようになって
目が輝き始める子供たちの中に私の次男もいたのです。
どーせわからんがやき、、、と授業中寝ていた倅が
目を輝かせて授業をシッカリ聞いている。と先生に聞かされた時は
嬉しかったあ~!!! 
中学時代の実力テストで惨憺たる成績だった倅は
ずっと「どうせ僕はお兄ちゃんみたいに頭良くないからね」とあきらめていた風で。。。

それが見事、高知大学の推薦入試を突破!!!
実家の母に「黄色い雪が降るかも知れんでェ」と
喜びの℡をかけて、母は母で父の仏壇に
「おおごとヤ!!!おじいちゃん、大ごとぞね」と報告。
できなかったことができるようになる。
点数を底上げする、、、とは、そう言う事なんです。
頑張った分、ちゃんと子供たちに答えを返してあげなくてはならない。
尾崎さんはそれを実行に移して下さり新しい知事さんも踏襲して下さるとか。

幼稚園の運動会では優勝者は誰もいなくて
勝っても負けてもメダルがもらえて
発表会の劇「桃太郎」で主役の桃太郎さんが五人。
ちなみにウチの倅は鬼ヶ島の鬼のボスの役でしたが
ボスは三人いました(笑)点数以外に大切なものがあるとは
こういう事なんです。。。。。しかし
そんな横一列の世界で育てられた倅が大人になった時
戦って勝つことができるだろうかといつも不安でした。

たくさん勉強して生存競争に勝ち続けてきた新旧の知事さんを
高知の未来の宝物たちが見つめています。頑張って下さい。