相続について

人は誰でもいずれは亡くなります。

誰にも迷惑をかけないようにと一生懸命貯金しても
実のところ
亡くなった後では配偶者やお子様がいないと
兄弟姉妹が相続人となり
その兄弟姉妹が先に亡くなって居たら
「代襲相続」といって
その子供たちに相続する権利が生まれます。

甥や姪が日本中に散らばっているとこりゃもう大変!!

だから、とどのつまり
いざという時
お葬式代が無い!!!と、いう事になります。
だって勝手に引き出すことができないのですから。
貧乏人には相続問題は関係ないとは思わずに
どうぞ一度周囲を見回してみて下さい。

自身のお葬式を取り仕切っってくれる喪主を自分で決めておいて
指定する遺言書を書いておいてください。
ヒントになりますが
以前あるオーナーさんのお姉さんがある日突然亡くなり、
遺品の中から貸金庫の鍵が出てきて
開けてみると6000万相当の不動産の相続人を指定する遺言書が出てきたそうです。
手書きの遺言書でしたが日付や封印もシッカリしていて
法的機関で正式な遺言書と認められたそうです。

弁護士さんに言わせると本人直筆で
封がちゃんとしてあり日付が書いてあれば良いそうです。
尚且つ信頼のおける方に預けておかれるよろしいとか。

ちなみに兄弟の相続は
代襲相続の権利は甥姪までだそうです。

高知市 福祉可能物件